製品情報TOP > ダウンロード > 無償ダウンロード > 宛名職人 住所録コンバータ

ダウンロード

無償ダウンロード

宛名職人 住所録コンバータ

Mac OS X Lion(10.7)の対応に関するお知らせ 右矢印 こちらをご覧ください

 

最終更新日:2011/9/5

これは、宛名職人Ver.1からVer.9の住所録ファイルや宛名職人交換形式の住所録を、宛名職人Ver.15以降で読み込み可能な「宛名職人Ver.14」の住所録形式に変換するプログラムです。
▼参考情報:よくあるご質問 -【宛名職人Ver.17】
「宛名職人 Ver.1」〜「宛名職人Ver.9」で作成した住所録を読み込む手順 【動画】

更新日 ファイル情報 サイズ
2009年8月25日 本体プログラム:addrconv.zip 約2.7MB/zip圧縮

ダウンロードする

  • ※ 下記の内容をご確認の上、ダウンロードしてください。

アップデートプログラムのご利用方法

住所録コンバータの対応動作環境は以下のとおりです。


対応機種 下記CPUを搭載し、対応OSが完全動作する Apple®Macintosh®シリーズ
CPU PowerPC®G3/G4/G5、IntelCoreプロセッサ対応
  • ※ 使用するOSの最低動作環境以上のもの。
  • ※ IntelCoreプロセッサにネイティブ対応ではありません。IntelCoreプロセッサのMacintosh®でお使いいただく場合はRosettaが必要です。
  • ※ 初期のPower Book G3、および、プロセッサアップグレードカードには対応していません。
OS

Mac® OS X Lion(10.7)以降ではRosettaが提供されないため起動できません。

Mac® OS X v10.4以降(v10.4.1以上を推奨)
Mac® OS X v10.5.1以降
Mac® OS X v10.6.0~v10.6.8

メモリ 各OSが必要とする物理メモリ容量を満たしていること。
ハードディスク 約10MB以上の空き容量が必要です。
変換後の住所録を保存するための空き容量が必要です。
ディスプレイ 1024×768ドット以上、約1670万色以上の色表示
マウス 必須

住所録コンバータの使用方法

ダウンロードされるファイルは、ZIP圧縮形式のファイルです。
通常はブラウザでのダウンロード時に自動的に解凍されますが、自動的に解凍されない場合は、ダウンロードされたファイルをダブルクリックして解凍してください。

■変換前の準備

以下の手順で操作してください。

  1. 「addrconv.zip」をダウンロードし、ファイルが解凍されると「ATCONV.dmg」というディスクイメージファイルができます。
  2. ディスクイメージファイル「ATCONV.dmg」をダブルクリックすると、リムーバブルボリューム「ATCONV」がマウントされます。このリムーバブルボリュームをダブルクリックします。
  3. 以下のウインドウが表示されます。
    ウインドウ
  4. 変換が終了したら、プログレスダイアログが消えます。 変換前の住所録ファイルと同じ場所に変換後の住所録が作成されています。 この住所録は宛名職人Ver.14形式となります。 ファイル名は、変換を実行した日付と時間から自動的に設定され、たとえば“20091002_101032”などになります。
  5. 作成された住所録ファイルを、宛名職人Ver.15以降で開きます。 変換後の住所録ファイルを宛名職人のアイコンにドロップと開くことができます。
  6. 以上で住所録ファイルの変換は終了です。
■変換の操作

以下の手順で操作してください。

  1. 変換したい住所録ファイルをMacintoshのハードディスクにコピーしてください。
    変換したいファイルがCD-Rなど書き込み不能な媒体にある場合は変換ができませんので、必ずハードディスクなどの読み書き可能な場所にコピーしておいてください。
  2. アプリケーション「住所録コンバータ」のアイコンに、変換したい住所録ファイルをドロップします。
    コンバートが開始され、以下のプログレスダイアログが表示されます。
    プログレスダイアログ
    ファイルをドロップする際には、1つずつドロップするようにしてください。複数の住所録を同時にドロップしても、いずれか一つしか変換されません。
    また、住所録コンバータのアイコンをダブルクリックしても何もせずに終了しますのでご注意ください。

住所録コンバータの対応データ形式

住所録コンバータは、以下の住所録ファイルを、宛名職人Ver.15以降で読み込み可能な「宛名職人Ver.14」住所録形式に変換します。

  • 宛名職人Ver.1住所録
  • 宛名職人Ver.2住所録(Ver.2.0.5住所録を含む)
  • 宛名職人Ver.3住所録
  • 宛名職人Ver.4住所録(宛名職人Ver.4.7 Special Mac Edition住所録を含む)
  • 宛名職人Ver.5住所録
  • 宛名職人Ver.6住所録
  • 宛名職人Ver.7住所録
  • 宛名職人Ver.8住所録
  • 宛名職人Ver.9住所録
  • 宛名職人98で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2000で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2001で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2002で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2003で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2004で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2005で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2006で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2007で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2008で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2009で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人2010で書き出した宛名職人交換形式
  • 宛名職人プリンタバンドル版で書き出した宛名職人交換形式

住所録コンバータの動作保証について

弊社では住所録コンバータの動作保証をいたしません。
お客様の住所録ファイルが変換できない、あるいは、変換後のファイルが宛名職人Ver.15以降で読み込めない場合でも、弊社では一切の責任を負いかねます。
変換したい住所録ファイルの状況によっては正常に変換できない場合があります。恐れ入りますが変換後のファイルが読み込めない場合は、古い宛名職人でCSV形式ファイルに書き出していただき、ご利用される宛名職人Ver.15以降で読み込んでいただくようお願いいたします。

住所録コンバータのサポートについて

弊社では、ユーザーサポート対象期間の宛名職人をユーザー登録していただいているお客様に限り、住所録コンバータの操作に関するユーザーサポートを承っております。サポート期間につきましてはこちらをご確認ください。ご不明な点がございましたら、弊社ユーザーサポートまでお問い合わせください。



このページのTOPへ